巨人のセカンドは誰が適任か考えてみる

長年セカンドが固定されない巨人軍。仁志以来セカンドのレギュラーというものが固定されない感じです。一時FAで加入した片岡や移籍してきたクルーズで決まりかけそうになりますが、その都度けがなどで離脱していき、毎年のように入れ替わっています。今年も開幕から専門ではない中井選手がスタメンで出場していましたが、今では日替わりの状態です。さてそんな巨人のセカンドには誰が適任なのでしょうか?はっきり言って「なし」というのが正解の回答かもしれません。おそらく数年先にヤクルトの山田選手や広島の菊池選手がFAになるときが勝負でしょう。そこでどちらかが取れれば万々歳ですが、どちらもダメならあとはお手上げかもしれません。どうせだめなら成績度外視で今年のドラフト1位吉川選手を使い続けてもらいたいと思っているのですが、そうはならないだろうなぁ。ゆんころのクイーンズスリムHMBで筋トレします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です